当ページはプロモーションを含みます

アネトン咳止めが販売終了の理由は?実は制限しないといけない成分が入ってるから

アネトン咳止めが販売終了になったようです。

近くのドラッグストアではまだ販売していましたが、「お一人様1箱まで」と販売制限がかかっていました。

販売終了の理由と関係ある?

「咳がピタッと治まる」と人気だったアネトン咳止めですが、実は依存性の高い成分が配合されていたのが販売終了の理由です。

Amazonや楽天ではまだ購入できるので、短期の服用で咳を何とかしたい人はチェックしてみてください。

アネトン咳止めが販売終了になったのはなぜ?

アネトンの咳止め薬には、「コデインリン酸塩水和物」という成分が含まれています。

コデインリン酸塩水和物は咳を抑える効果がありますが、呼吸抑制のリスクがあります。

特に、小児や高齢者、呼吸器疾患のある人では、呼吸抑制のリスクが高くなります。

さらに、コデインリン酸塩水和物は麻薬成分であるため、乱用や過量服用によって依存症になる可能性があります。

依存症になると、咳止め薬を服用しないと、咳が止まらなくなったり、イライラしたり、不安になったりするなどの症状が現れます。

そのための販売個数制限だったわけだ。

短期間の服用では問題ないアネトン咳止めですが、リスクの可能性もあるため、不安な人は非麻薬性の咳止め薬を買うといいでしょう。

アネトン咳止めの代替品

アネトン咳止めの代替品には、コデインリン酸塩水和物を含まない咳止め薬を選びましょう。

ただし、咳止め薬は、適切に服用しないと、副作用を起こす可能性があります。

服用前に必ず添付文書をよく読んで、用法・用量を守って服用するようにしてください。

シオノギヘルスケア メジコンせき止め錠Pro

メジコンせき止め錠Proは、せき中枢に直接作用し、つらい咳の症状に効果を発揮する非麻薬性のせき止め薬です。

咳を鎮める成分として、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物が入っています。

クールワンせき止めGXプラス

クールワンせき止めGXプラスは、せきをしずめる成分やのどの粘膜を修復する成分、炎症を抑える成分などが配合されています


のどの痛みをしずめる成分などの働きで、せき、たんの症状を効果的に改善します。

また、咳だけではなく、たんの排出を促す成分も配合されています。

プレコール持続性せき止めカプセル

プレコール持続性せき止めカプセルは、朝・夜1日2回の服用でOKの持続性せき止め薬。

鎮咳成分デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物をはじめ、4つの有効成分が咳、たんにすぐれた効果を発揮します。

アネトン咳止めが販売終了の理由は?のまとめ

アネトン咳止めが販売終了の理由は、依存性のリスクがある成分「デインリン酸塩水和物」が理由でした。

これからは、非麻薬性成分を使った咳止め薬が主流となるでしょう。

ただ、アネトン咳止めはAmazonや楽天でまだ購入できます。

短期で服用したい人は、今のうちに購入しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました