黒霧島・白霧島の一部が販売休止 まとめ買いした方がいい?

ドリンク・食品

人気焼酎の「黒霧島」と「白霧島」の一部が販売休止になるそうです。

2023年2月の出荷が最後となり、販売再開は未定。

まとめ買いしておいた方がいいのか?

詳しく調べてみました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

総合通販PREMOA 楽天市場店
¥1,080 (2022/12/23 09:18時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

黒霧島・白霧島で販売休止になる6種類

販売休止する6品目はこちら。

黒霧島
25度
900ml
紙パック
黒霧島(※)20度
1800ml
紙パック
黒霧島(※)20度
900ml
紙パック
白霧島25度
1800ml
紙パック
白霧島25
900ml
紙パック
白霧島25度
720ml

※黒霧島1800ml紙パック(20度)、黒霧島900ml紙パック(20度)は、北海道・本州・四国エリアでの販売を休止いたします。九州・沖縄エリアでは販売を継続いたします。

参照:霧島酒造

人気の900ml瓶入りの黒霧島や白霧島は、そのまま販売されます。

また、赤霧島の販売も継続です。

黒霧島・白霧島の販売休止はなぜ?

サツマイモの病気による原料不足が原因。

「サツマイモ基腐病(もとぐされびょう)」という病気が広まり、イモが腐ってしまったそうです。

そのため、販売する種類を厳選したのでしょう。

黒霧島・白霧島の販売休止まとめ

黒霧島・白霧島の焼酎すべてが販売休止になるわけじゃなく、一部の商品だけです。

といっても、家のみ主力の紙パックが休止になるのは辛いですね。

紙パック入りの方が使い勝手がよいという人は、2023年の2月までにまとめ買い!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

総合通販PREMOA 楽天市場店
¥1,080 (2022/12/23 09:18時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました